FC2ブログ

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dayum中毒


突然ですが

Dayum、すっごいかっこよくね!?(≧∇≦)



仁くん本人も絶対この曲お気に入りだよね?
2015年Meツアーで初披露して以来、2016年には中国の音楽祭でもAudio Fashionツアーでも歌ってくれて
その原曲もかっこよくてもちろん大好きだったんだけど
今年Blessèdツアーで披露してくれたリアレンジバージョンがかっこよすぎて悩殺されたし
ジンデぺツアーのバンドバージョンでは髪をアップにしてお顔全開にするという相乗効果もありーので
もぉ毎回絶叫して見てました。

パフォーマンスは生で拝ませていただくのがは一番ですが
À la carteの特典ブルレイやBSスカパーBS映像を何度もリピしてたら
すっかり中毒状態に陥ってしまいました。
最近は一日一善ならぬ『一日一Dayum』がすっかり日課となっています。

外出先や仕事中でも
突然「Dayum」が見たい‼」って衝動に襲われる時があるので
YouTubeに公式でUPしてくれたのが本当にありがたい今日この頃。
スマホさえ手元にあれば
いつでもどこでもDayumのかっこいい仁ちゃんを拝ませてもらえる…
良い時代です♪

何がそんなにかっこいいかって
やっぱりBlessedのあの狂ったような照明と
それに合わせて踊るダンサーさん達との一糸乱れぬダンスパフォーマンス!

いや、仁ちゃんの場合「一糸乱れぬ」って表現は必ずしも当てはまるわけではないような気もするけど。
決められた振付を完璧に表現しているダンサーさん達をバックに
ちょっと一息入れたり自分なりの味を持たせながら
曲に身をまかせるようにして踊る仁くんが最高にかっこいいのです(≧∇≦)



次々と新しい曲を完成させて披露してくれるのももちろんうれしいけれど
こんな風に過去の曲をアレンジし直してパワーアップさせたものを魅せてくれるなんて
仁くんは本当に引き出しをいっぱい持ってる多才なアーティストだと思う!


しつこいようだけど
その中でもDayumはオリジナルもリアレンジもバンドバージョンも
一曲で何度もオイシイお得感満載の一曲です♪

BlessèdもÀ la carteも、
アルバム曲の感想なんて全くブログに書けないままだったけど
とりあえずDayumのことだけでもちょとだけ書けて良かった!

と、いつもながらの自己満に浸ったところで…





【“Dayum中毒”の続きを読む】
スポンサーサイト

有終の美。


平成最後の夏の終わり

台風とか地震とか自然災害がもっとも恐ろしいのは言うまでもなく
被災された方々には心よりお見舞い申し上げる次第ですが


タッキーや安室ちゃんのファンの方々にはかける言葉もみつかりませぬ。

二人とも、まだまだ表舞台で輝いていられる人なのに…



安室ちゃんは、夜もヒッパレに出てたころから見てました。
結成したてのKAT-TUNが出てた回も見てたはずなのに全然覚えてませんが(汗)
安室ちゃんはレギュラーだったのかな?
ほんといつも見てて、歌もダンスも上手だったの良く覚えてる。
当時はまさかこんな大物歌姫に成長するなんて思ってなかったけど
あれから四半世紀…
彼女を見守り応援し続けてきたファンの方々の心情は察するに余りあるものがあります。

写真を撮るためだけに渋谷に行く人
音漏れを聴くためだけに沖縄まで行く人
その気持ち、痛いほどわかるから…

だけどね
そんなファンの方達が皆口を揃えて「ありがとう」って言えるような終わり方
本当に理想的だと思う。
悲しくて残念な気持ちは抑えられないながらも
1年も前から『その日』の告知をされていれば
少なからず心の準備ができるってもんですよね。。

こんな有終の美の飾り方は
ワタシの中では山口百恵さん以来だよ。←歳がばれるw



ちゃんとファンに心の準備をする時間を与えて
ラストツアーで全国回って
各地で衣装展示とかのイベント開催して
引退前日に凱旋ライブして花火大会まで催して
最後の最後にファンへの感謝のメッセージ残して…

この一年、ファンのためにできる限りのことをしてくれた安室ちゃん
本当に素晴らしいアーティストだったと思います。

仁くんとコラボしてほしいアーティストの一人だったので
残念な気持ちではありますが
一般人からも「ありがとう」と言わせてください。

お疲れ様でした。



一方、
もっと仁くんと絡んでるとこ見たかったタッキーお兄ちゃん…

ちょっと、ワタシの中の腹黒さが炸裂してしまいそうなので
隠します(^^;








【“有終の美。”の続きを読む】

ぐでたま~ww


20180902175442183.jpg

この先、赤西仁の才能をもってして
国内外のいろんなアーティストとコラボしてくれるのを楽しみにしてはおりましたが

こう来たかwww


ぐでたまと言えば
つい1週間ほど前、近所でこんな電車を見かけまして…

20180902175504591.jpg

何でぐでたま…???って思ったんだけど
まさかその数日後に仁ちゃん絡みで
再びなんでぐでたま…??(゜д゜)
と思うことになろうとは(笑)

ちなみに写真の電車は西武鉄道で
年内いっぱいぐでたま電車が走るらしいです。
車内もすべてぐでたまで統一されてるそうなので
もし車内ビジョンに仁くんとのコラボ映像とか流れたら
ローカルな私鉄もJip'sで賑わうと思うんだけどなぁ~
って、西武に知り合いがいるから今度脅迫打診してみよう♪



サンリオキャラクターとしては
ぐでたまって新しいよね?
正直、ワタシら世代にはあまり馴染みがなかったんだけど
このゆるふわな感じ、確かに緩っと天然キャラの仁くんと通ずるものがある。

いきなりザ・サンリオのキティーちゃんとコラボするよりは
あきらかに仁くんっぽいなぁ~

と思ってたけど
ぐでたまって結構海外のファンも多いらしく
そんなとこも仁くんっぽい(*´∀`*)


ネットニュースによると
世間的にも今回のコラボは好評らしく
仁さんのことをよく知らない一般人にも
赤西仁の人となりを知ってもらうチャンスですわね~

ごくせん堕ち、anego堕ち、デビュー堕ち
ってファンになった時期を言い表したりいたしますが
今後ぐでたま堕ちのJip'sも現れるかも!(kちゃん談)


まぁ、そんな仁くんをまだよく知らないで
ぐでたまとのコラボ画像だけ見て「かわいい~」って思ってくれてるJip's予備軍に
一つ忠告しておきたんですが


お仕事スイッチ入った赤西仁は
ぐでたまとは一切無縁ですから!



そこんとこのギャップにヤラレちゃった際には
いつでもウェルカムですよん♪



それにしても、どんなグッズが出来上がるのか楽しみだけど
それって、普通にショップに並ぶの?

まさかこの歳でサンリオショップに足を運ぶことになろうとはね( ̄▽ ̄;)


これだから仁生は面白い!





OKINAWA!


やっとハワイから帰国したと思ったら
今度は沖縄ツアーですか、赤西さんっ!(≧∇≦)

まだ仕事のこととか同行するお友達との調整も取れてないから申し込んでもいないんだけど
すでに気分は沖縄だぜぃ♪

2018年の逢瀬は5月24日のZeppで終了しちゃったと思ってたから
アルバムのリリイべで逢えるのも棚からぼた餅状態で超ラッキーだと思ってたのに…

2018年は上半期に散財しすぎたから
後半はできるだけ質素に生活して財力温存しなくちゃと思ってたのに…

いろんな意味で
またヤラレたぜ!チクショー!(≧∇≦)
って感じです(笑)

はい、冬のボーナス右から左~(T▽T)




仁に逢いに行くためだと思うと働き甲斐があるし
仁ちゃんは貢いだ以上のものをきっちり返してくれるオトコですから♪


まだ申し込みもしてないのに
なんかソワソワして落ち着かないので久々立て続けにブログ更新してしまいました。

20180828222957607.jpg
うちのママにゃん、気まぐれでごめんにゃ~






24時間テレビ


24時間テレビが終わると夏が終わる…
って子供の頃から思ってたけど
今年は全然そう思えないくらいの猛暑でございます。


アルバムのリアレンジ曲や幕張DVDの感想も書きたいと思いながらブログの更新サボってたのは
決して夏バテしていたからではありませんが(^^;

昨日から24時間テレビをチラ見しては
12年前KAT-TUNがパーソナリティーをつとめていた時のことを思い出して
お友達とLINEであーだこーだ語ってたら
「そういうことはブログで語りんしゃい!」
って相方におだてられて豚が木に登ろうとしているわけですww



元々デビュー後の出遅れファンのワタシ、
あの時の24時間TVがなかったら
がっつり仁にのめり込むのにはもう少し時間がかかったかもしれない。
ファンになってしまったものの、いい年してジャニヲタになることにまだ躊躇してたもんで
出演するテレビ番組もリアタイでは見るけど録画までしない!って決めてたのです。
だけど24時間ずっとテレビの前にいることはできないし
こればかりは全部録画すべし!と
当時まだDVDレコーダーも家になかったもんで3倍で9時間録画できるVHSテープ3本にまるっと録画したのです。
後にやっとパソコン購入した際に
VHSを繋いで編集して出来上がったDVDは画質は悪いけど永久保存版です!


正直、今だから言うけど
仁はああいうわかりやすいお涙頂戴的なチャリティー番組には向いていないと思うし
本人もデビュー直後に舞い込んできたおお仕事だから頑張ってこなしたんだと思う。

公衆の面前でかっこつけるのは慣れてるけど
優しくてちょとヘタレで可愛いとこなんかテレビで見せるもんじゃないと思ってた頃じゃない?
誰もみていないとこでコンビニの募金箱に小銭入れたり
全くのプライベートでボランティア活動してたりね…
そういうの、ファンではない一般人の方のTwitterとかで拡散されてもニュースにならないのに
ちょっと六本木のクラブに出入りするとすぐ週刊誌に載っちゃうの、何でだ!?ヽ(`Д´)ノ

まぁ、今さらそんなことで腹を立てても仕方ないけど
24時間テレビでダウン症の子供達とダンスしてた仁くんはホントに優しくてかっこよかった!
リーダーの男の子にどうすればうまく踊れるか相談されて
「自信を持つことが大事。間違っちゃいけないことなんてないから。俺もいつも間違えてるんだよ。」
って優しく応える仁くん、本当に素敵だった。
あの時惚れ直して、完全にはハマったんだな。今思うと。

最後のお手紙も
短く簡潔に淡々と家族やメンバーへの感謝の気持ちを語ってて
24時間テレビ史上希に見る、誰も泣かないエンディングに繋がったのであった(笑)
KAT-TUNらしくて良い終わり方だな~って
ワタシは感動したけどね。


仁は…
きっと、あの時には留学の決意を固めていて
だからこそ「2006年最後の大仕事」として頑張っていたんだろうな。


誰にでも個々にいろんな状況を抱え、
辛いこと悲しいことがあると思いますが
『泣いた分だけ幸せが待ってる』
僕はそうやって生きています。


わずか1ヶ月半後に
仁くんが手紙に書いたことがそのまんま
我が身にふりかかって来ようとは…
ファンは誰も思いもしなかったよね( ̄▽ ̄;)


あれから12年。
干支も一回りして
あの頃産まれた子供がぼちぼち中学生になるのかと思うと恐ろしくもあるけど
12年間、ずっと好きでいさせてくれる仁くんはほんとすごい人だし
今のJip'sは皆仁のプライベートまで応援して
なんなら愛妻も二人の愛児もワタシらが養いますから!ってくらい懐深くて温かい。
仁くんもそういう気配感じとって
リアル家族のことは決して公の場では口に出したりしないけど
つい先日のリリイべB賞の上映会前に流れた動画では
子供のおもちゃに囲まれてパパみ溢れる可愛い姿を魅せてくれたとか(≧∇≦)

いいよいいよ~
その調子でどんどんJip'sに甘えてくれ!
すっかりブラも脱ぎ捨ててくれるようになったし
なんならパンツも脱…完全に調子にノってるw


ほら~
せっかく24時間テレビをおかずにして
久々にじんじん語ろうと思ったって
結局ワタシの語り口なんて最後はこんな風になっちゃうんだよ!>>私信


ま、未だにこんなワタシのブログを覗きに来てくださってる方は
きっとひときわ懐の深い優しい方だと思うので
鼻で笑って許してやってください!m( _ _ )m






| care~Lovin'JIN~ホーム | 次ページ

▲TOPへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。